ANGELVOICEは熱いサッカー漫画だ

いい意味でよくありそうな笑いあり、涙ありの正統派な展開。とっつきやすく読み始めから読み終わりまで最も没頭したサッカーマンガです。中学時代不良でならした生徒がサッカー部再生のためにやってきた先生の下で、練習に練習を重ね県予選に挑戦するという内容。サッカーの戦術や技術がかなり詳しくサッカー経験者も納得の描写です。

先生、コーチ、マネージャーを含めて一人一人のキャラクターがしっかり確立されているので、好みのキャラに感情移入しながら読めるのも好きなところです。それぞれの個性をぶつけ合いながらもチームが一丸となって勝利のために死力を尽くす姿は、マンガといえども心が熱くなります。

1話の冒頭に出てくる「ANGELVOICE」の一番と言える、言わば伏線の回収が涙なしでは読めない展開となっています。なんのためにサッカーに打ち込み、なんのために身を削って辛いトレーニングを乗り越えるのか、高校生といえどもまだまだ幼い少年たちの心の成長も見逃せません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする