BLEACH-ブリーチ-はどこを切ってもかっこイイ

BLEACH-ブリーチ-は、久保帯人さん原作の漫画です。ある日、虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊を倒す死神になった少年、黒崎一護を主人公として物語は進みます。

物語の魅力はたくさんありますが、まずは個性豊かな登場人物が挙げられます。特に、一護の仲間たちや、一護と時に敵対し、時に手を組む死神たちは魅力十分で、それぞれの武器や技にも非常に工夫がなされています。読者はきっと、お気に入りの登場人物を見つけることができるはずです。

また、漫画でありながら、小説を思わせるような文学的、言葉遊びが含まれた台詞やタイトルも特徴的です。迫力のあるバトルシーンなど、漫画として『絵』で楽しめることは勿論、そうした台詞やタイトルの『文字』の面でも楽しむことができる作品だと言えます。

ストーリーも、人間界、死神たちが住む世界、更には虚(ホロウ)が住む世界を舞台に、現在、過去の時間軸を巧みに織り交ぜながら、先の読めないような展開が続きます。その中で、人間や死神たちと言った登場人物たちの深い人間ドラマが描かれているため、読む人の年齢を選ばないと言うのも、BLEACH-ブリーチ-の魅力です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする