BLUEGIANTにはジャズの世界の厳しさが描かれているリアル感あふれる漫画だ

BLUEGIANTはジャズプレイヤーを目指して正面から向き合っていく高校3年の少年を主人公にしていて、受験や恋愛、友情や家族などの生きていく上での現実と向き合いながら音楽に浸るストーリーとなっています。

ジャズがどんなものか知らない人でも興味が持てる内容となっていて、生で聴きに行きたくなるジャズに対する愛が表現されている漫画ともいえます。偶然にジャズの生演奏に触れて、心を打たれた主人公が独学でテナーサックスの練習をはじめる部分などは、読者にも何かしらの共感ができる部分があります。

何かに影響を受けて何かを始めた経験を思い出させてくれるよさがあります。独学で練習を続けていく主人公にまっすぐで素直な部分に憧れを抱くこともできるはずです。好きだと思うことに正直に向き合う純粋さに感動をもらうこともできる魅力があります。

BLUEGIANTはジャズの演奏シーンに力を入れて描いています。実際のジャズが好きな人も称賛する迫力を漫画にして描いています。漫画であるため、音は聞こえないながらも響いてくるリアルさも特徴です。キャラクターや構図とか背景の演出なども丁寧に描かれていて好感が持てる作品になっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする