BLで涙腺がゆるんじゃった経験なんて初めて

BLコミックにハマり始めてから、数ヶ月。手当たり次第にいろいろ読み漁った。最初はドキドキだったけど、少しいろんなパターンが見えてきて飽き始めていた頃に出会ったのが「晴れときどき、わかば荘まあまあ」だった。

とにかく人間ドラマがすごくいい!キャラクターにそれぞれ深みがあって、みんな人間として孤独を抱えながらもがんばって生きてるんだな~っていうのがすごく伝わってきて。

BLで涙腺がゆるんじゃった経験なんて初めてでちょっとびっくりでした。Hなシーンも大人で渋めの攻めキャラが私のツボど真ん中で、ウケに120パーセントシンクロしてしまう。でもやっぱり、エロシーンのクオリティの高さもドラマのうまさがあってこそかと。

まる一冊すべて「わかば荘」のエピソードが描かれたオムニバス形式なので途中で飽きないかな?とも思ったけど、そんな予想はいい意味で裏切られる。

一話ごとに「わかば荘」の世界に引き込まれ、あっというまに完読。BLの奥深さを改めて教えてくれた羽生山 へび子先生。他の作品も是非制覇してみたいと思った。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする